2012年06月12日

新築住宅にまつわるお得なお話・・・!!


なかなか天気の安定しない日が続いていますね・・・((+_+))
体調管理がなかなか難しい温度差となっております。
皆様くれぐれも風邪などひかないようにお過ごしくださいませ!!



さてさて今回は・・・
ちょっとビックリなお話をご紹介したいと思います。


先日知人からこんな話を聞きました。


知人→『20代の知り合いがマイホームを建てることになったんだけどさー!』
 →『へぇー!!20代でスタート切るなんて賢いね!』
知人→『それでね、本人たちも驚いてたんだけど・・・
    何やら町から60万円も貰えたらしいよ!!!』
 →『えぇぇぇ〜〜〜〜??その60万円の正体は一体なんなんだろう・・・。』


『謎の60万円』の正体・・・気になります!!!(笑)

・・・ということで
知人からもう少し詳しい情報を聞き、調べてみました(^_^)/

するとこーんな驚くべき制度が!!

『定住促進新築住宅建設補助金制度』

良質な住宅取得を促進するため、「定住を目的として新築住宅の建設を行う方」
に対し、住宅建設費の一部を予算の範囲内で補助します。
 ※ 補助金の交付は、対象者につき1回限りです。
 ※ 新築住宅とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの
   (建設工事の完了の日から起算して1年を経過したものを除く)をいいます。


1 補助金額
  ○ 住宅建設費の3%で限度額は50万円
     ※住宅建設費とは建物本体の工事費または取得費をいいます。
       ただし、土地購入費、外構工事などの付帯工事費および浄化槽設置費用を除きます。
  ○ 若者夫婦(いずれも40歳未満)の場合は10万円を加算


2 対象者の資格(全てを満たすこと)
   ・ 新築住宅に住民登録していること
   ・ 2年以上継続して定住する意思があること
   ・ 世帯全員に町税・その他の納付金の滞納がないこと
   ・ 町内会に加入していること(未組織区域は除く)


3 新築住宅の対象要件
  ○ 平成24年4月1日以降に建設した専用住宅または併用住宅であること
      ※建設とは、建築または売買による取得をいいます。なお、建築の場合は完成引渡しを
       受けた時点を、売買は契約成立時点です。
  ○ 玄関、居室、便所、風呂および台所を備え、床面積が50m2以上であること
  ○ 併用住宅の場合は、店舗の床面積を除いた住宅部分の床面積が50m2以上であること
  ○ 居室の窓が複層ガラスであり、屋根、壁および床の断熱材が、日本住宅性能表示基準省
    エネルギー対策等級4以上の省エネ性能であること
  ○ 国の住宅エコポイント等の助成を受けないこと



新しく新築住宅をされた20代のご夫婦様は、
この制度のことをご存じなかったようで
建てた後に補助金をお受け取りになられ、とても喜んでいらっしゃったようです(*^_^*)

皆さんもマイホームをお考えになる際は
建設予定地の市役所・役場等のHPをCHECKしてみたりすると
こういった嬉しい制度を利用することができるかもしれませんよ!!

私も今回のこのお話を聞いてとても勉強になり
積極的にこのような制度をお客さま方にご紹介していこうと思いました!!φ(..)メモメモ



宜しければ当社HPもCHECKしてみてくださいね!
ここをクリック! → [とやみね建設]


それではまた次回〜\(^o^)/

posted by とやみね at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。